担当:土屋

  1. 鳩のつえ 静岡老人ホーム紹介

    認知症が進行し、お子様達の介護ももう限界…。

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■認知症の進行みられ在宅での一人暮らしが困難になっていた為、お子様達が交互に泊り込んで介護をしておられました。ケアマネジャー様からご相談を受け、一緒にご自宅に伺いご家族やご本人とお会いしてお話を伺いました。

  2. 鳩のつえ 静岡老人ホーム紹介 

    遠方でご多忙なご家族。施設の立地を優先したい。

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■ご家族が多忙につきお仕事の都合にあわせて、ご面談や見学などを調整させていただきました。またショート先に伺いご本人にお会いすると同時に、職員の方からも普段の様子を伺いました。

  3. 1863 鳩のつえ hatonotsue.jp

    夫婦二人暮らし。奥様の認知症の進行のため施設を探して欲しい

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■認知症で家族に対して暴言や物盗られ、被害妄想の症状などが見られる奥様。まだ自立して自宅で生活出来るレベルのご主人も介護は難しく奥様と一緒に施設に入られることを希望されていました。

  4. 108・高木伸明 鳩のつえ hatonotsue.jp

    認知症状【物盗られ妄想】がひどくなり在宅が限界に。

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■認知症で見られる症状として、大事なものを盗まれたと訴える「物盗られ妄想」があります。今回の相談者様はその症状が顕著にあらわれたケースでした。ご本人を知るためにも、生活していた環境を確認にご自宅に伺わせてもらい驚きました。

  5. 254・木内順也 鳩のつえ hatonotsue.jp

    認知症が進行し在宅生活が限界に…。

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■包括支援センターからのご依頼で、ご家族と面談からスタートしました。今回のケースは、ご家族としては施設入居の方向でお気持ちは固まっていました。ご本人は認知症で一人暮らし。

  6. 194・櫻

    病院を退院しなければいけないが、家族の事情で在宅にはもどれない・・・。

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■病院のソーシャルワーカー様からのご紹介でご相談。ご家族が体調を崩してしまい、退院後自宅には戻れないというご相談。

  7. 396・宮地孚美子

    2年かけて在宅から施設へ入居

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■静岡新聞を見てご相談。在宅の生活で頑張って介護を続けてきたが、徐々にご家族の支援だけでは難しくなってきた。ゆっくりホームを検討していきたいという相談。

  8. 215・川口康広.

    認知症で独居。一人で倒れており入院中。退院後自宅には戻れない…。 

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■ケアマネジャーからのご紹介でご相談。脱水と筋力低下のため、退院後自宅には戻れない。お子さん達も遠方にお住まいのため支援出来ない。ご本人、とても明るい性格で、歌を歌ったり話をしたりすることが大好き。

  9. 184・大石

    夫婦二人暮らし。認知症が進行し、在宅生活が継続が困難…

    □■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■認知症の進行により、在宅生活が難しくなったご家族のご相談です。ご家族が遠方でご両親2人暮らしの生活。遠方の娘のところに呼び寄せるよりも、住み慣れた地元で検討していきたいというご要望。

ページ上部へ戻る