ブログ

認知症状【物盗られ妄想】がひどくなり在宅が限界に。

108・高木伸明 鳩のつえ hatonotsue.jp
認知症状認知症状【物盗られ妄想】がひどくなり在宅が限界に。
担当:土屋

□■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■

認知症で見られる症状として、大事なものを盗まれたと訴える「物盗られ妄想」があります。

今回の相談者様はその症状が顕著にあらわれたケースでした。

ご本人を知るためにも、生活していた環境を確認にご自宅に伺わせてもらい驚きました。

これでは欲しい物が見つからずに不安に感じただろうなと。

家中に物が整理できないまま溢れて足の踏み場も無いほど。冷蔵庫やタンスにもマジックで大きく本人の名前が書かれていたり、「物を持っていかないで下さい」とあちこちに貼り紙がはってあったり。

早速、病院のソーシャルワーカーと看護師と家族とご本人に集まって頂き、それぞれの立場から意見を頂戴して施設を一緒に絞り込んでいきました。

ご家族と施設見学し、④にもあるように、スタッフの手厚さや、職員の対応など気に入られ、ここなら安心してお願い出来ると入居を決められました。

 

□■□■□■ 入居後の様子 □■□■□■

入居後、ご本人にお会いしに行ってきました。私のことも覚えていてくださり、手を握ってここにきて良かったと喜ばれていました。施設のお風呂が温泉なので肌もすべすべになってきたのよ、と笑顔が見られ、私も思わず笑ってしまいました。

お客様の声_投稿

2018年3月
« 2月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お客様の声_一覧

担当者

ページ上部へ戻る