ブログ

2年かけて在宅から施設へ入居

396・宮地孚美子
約2年かけて在宅から施設入居を決めていったご相談。
担当:土屋

□■□■□■ 相談員よりひとこと □■□■□■

静岡新聞を見てご相談。
在宅の生活で頑張って介護を続けてきたが、徐々にご家族の支援だけでは難しくなってきた。ゆっくりホームを検討していきたいという相談。

当初、在宅での生活をなるべく長く続けたいというご家族の以降から、小規模多機能・小規模看護をご案内し見学。小規模多機能で通いや泊まりを利用しながら生活。その後1年後に再度相談。ご家族の負担が増えてきたため、いよいよホームを検討していきたい。
ポイントは
①顔を見に行きたいので自宅から近いところ
②レクリエーションが充実
③職員の人員配置が手厚い

気に入ったホームでも体験入居を実施し、お母様が馴染めるかきちんと確認した上でご入居となりました。
在宅でなんとか頑張りたかったというお気持ちを察し、2年越しでゆっくり寄り添えた点は、ご家族には喜ばれたと思います。
今後も、ご相談者さまのお気持ちに寄り添って、一つ一つのご相談に対応していきます。

お客様の声_投稿

2017年7月
« 2月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お客様の声_一覧

担当者

ページ上部へ戻る